プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

船釣りが大好きです。釣果はお店におススメメニューに載ることがあります。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2012年6月 | メイン | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月29日 (日)

フローズンおしぼり

夏ですね。暑いですね。いやになりますね。

昼間暑いのは仕方が無いとしても、夜でも涼しくならないのはとてもしんどいですね。

仕事が終わって帰るのは深夜になるんですが、表に出るとモワッとします。

なので、せめて店内では涼んでいただけるように「フローズンおしぼり」を提供しています。

要は凍らせたおしぼりなんですけど。

お客様に渡すときにはなるべく広げるんですが、ガチガチの場合そのままお渡ししています。

5分ほど経たないと手は拭けませんが、首筋なんかに当てるとひんやりとして気持ちいいです。

時間帯によってはフローズンではなく、コールドになっているときもあります。

暫くは暑い日が続きます。皆様もどうか体調を崩さないようにして下さいね。

私はもうバテましたが。

それでは本日のおススメです。

サーモンの刺身:480円

塩茹でツブ貝:480円

ブリユッケ:530円

イサキの刺身:580円

2012年7月26日 (木)

浴衣でこNight 2012

昨年好評だった「浴衣でこNight」ですが今年もやります!

8月4日(土)5日(日)、入間川七夕祭りに合わせて開催します。

ホーボーズ・高山商店・桶家の3店舗合同です。

浴衣でご来店のお客様にはドリンク1杯無料サービス!3店舗回れば3杯無料で飲めますよ!

是非ともかわいらしい浴衣姿でご来店下さい。

Img_0984 Img_0986

ちなみに当店従業員(女性のみです)も浴衣で出勤します。お触りは厳禁です。

私も浴衣で店に立っています。

お誘い合わせの上、是非ともご来店下さい。

但し、4日に関してですが混雑が予想されますので、開店直後か23時以降がおススメです。

それでは本日のおススメです。

稚アユの天ぷら:380円

甘エビの刺身:430円

サーモンの刺身:480円

ブリのユッケ:530円

関イサキの刺身:580円⇒あの有名な関アジ・関サバと同じところで水揚げされたイサキです。

2012年7月22日 (日)

すだて遊び

先日、東京湾の木更津に「すだて遊び」なるものに行ってきました。

「簀立(すだて)とは昔ながらの漁法のひとつで、沖合の海中に簀を立て、満潮時これに入った魚を干潮を待って捕らえる方法。
高さ2mの簀を長さ60~70mほど直線(スタッポ)に立て、スタッポの先に直径20mほどの円形の定置網(大カサ)を張り、その大カサの中に、さらに小カサが仕掛けられている。
上から見ると、ちょうどキノコのような形です。カサにはそれぞれ魚の入口が一ヶ所あり、口部には返しがつけられ、魚は一度入ったら出ることが出来ないようになっています。」

アクアラインを千葉方面に向かうと、岸から遠くないところに左手に見えます。

潮が引く前にすだての近くまで船で行って、潮が引いてから魚を獲ったり潮干狩りをして、昼食も出るんです。

潮が満ちたら船でまた戻ります。

Dsc_1024

↑こんな感じの仕掛けで、網を持って入ります。

当日獲れた魚介類は、マダイ・マゴチ・スズキ・ボラ・マコガレイ・メゴチ・ヒイラギ・ダツ・シマイサキ・ガザミ・イシガニなどです。これらはあとで刺身にしてもらうか、持ち帰ることが出来ます。

潮が引いてくると潮干狩りも出来ます。周りでは漁師さんがアサリを獲っています。

そこらを掘ると、アサリ・アオヤギ・ナガラミ・マテ貝・ツメタ貝・カガミ貝なんかが取れます。

(聞いたことの無い名前だと思います。分かりづらくてすいません。興味のある方はググってください)

9時に出て、魚を獲り、ご飯が出て、潮干狩りをして、13時に戻ります。これで大人6000円なんですね。私はとてもリーズナブルだと思います。

もっとも、家に帰ってから砂抜きしたり貝剥きしたりで結構大変でしたけど。

ご興味のある方は是非一度体験してみて下さい。おススメです。

それでは本日のおススメです。

甘エビのから揚げ:430円

サーモンの刺身:480円

塩茹でツブ貝:480円

ブリのユッケ:530円

サワラのたたき:580円

2012年7月12日 (木)

21年振りの同期会

昨日は専門学校のときの同期会に行ってきました。

実に21年ぶりに集まったんです。

73人いた中で50人ほど連絡がついて、20人ほど集まりました。

日本全国に散らばっている中で、これだけ集めるのも大変だったと思います。

幹事には感謝感謝の雨霰でございます。

全く変わっていない人・貫禄が出た人・全く分からない人がいたり、昔話に花が咲いたりでとても楽しく過ごせました。

専門学校は某会社の養成所みたいなところだったんです。まだ現役のメンバーも多数いたんですが、彼らは皆ガリガリだったのが印象的でした。きっと大変なんでしょうねえ。

次回は是非桶家で開催していただきたいものです!

それでは本日のおススメです。

芝エビのから揚げ:380円

塩茹でツブ貝:480円

ブリのユッケ:530円

ヒラマサの刺身:580円

2012年7月10日 (火)

ちょっと珍しいそうです

今日、お酒を仕入れに行ったんですが、お店の方に薦められたお酒がありました。

Dsc_1015

左側が屋久島の焼酎「三岳」、右が青森の日本酒「田酒(でんしゅ)」です。

実は私、ビール以外全く飲めないのです。

なので、酒屋さんにウンチクを聞きながら買ってくるんです。そしてそのウンチクをそのまま拝借するんです。

三岳はボトルキープのみで5000円、田酒は1合840円です。

お早めにどうぞ!

それでは本日のおススメです。

岩もずく:180円

稚アユの天ぷら:380円

塩茹でツブ貝:480円

ブリのユッケ:530円

イサキの刺身:580円

和牛のローストビーフ:680円

2012年7月 3日 (火)

さかな検定

7月1日に「日本さかな検定」の1級の試験を受けてきました。

結果から言いますと不合格です。

100点満点で80点以上が合格なんですが、自己採点で80点には届かなかったです。

例文を出しますので、よろしければ考えてみて下さい。

・寿司の名前にもなっている「助六」。頭に巻いた紫鉢巻が二枚目を引き立てますが、この紫鉢巻は海産物を商うあるところから贈られるのがしきたりをなっていました。江戸時代、歌舞伎同様に千両箱が行き交ったというこの商いを選びなさい。

①浅草の海苔問屋

②深川の網元

③日本橋の魚河岸

④芝の船宿

・800種のカニが生息しているといわれる日本近海には、市場になかなか出回らない珍しいカニも多くいます。甘い身をもち、加熱すると牛乳のような甘い香りがすることから、「ミルクガニ」と呼ばれるカニの標準和名を選びなさい。

①アサヒガ二

②エゾイバラガ二

③シマイシガニ

④トゲクリガ二

皆さんはお分かりになりましたか?

先の問題の答えは③の日本橋の魚河岸、あとの問題は答えは②エゾイバラガニです。

先の問題は全く分かりませんでしたし、エゾイバラガニは焼津の長兼丸のみ獲っているカニなんです。

なので1級はあきらめ、ビール検定でも受けようかと思っています。

それでは本日のおススメです。

生甘海老の刺身:480円

塩茹でツブ貝:480円

ブリのユッケ:530円

マゴチの刺身:580円

優しいお客様にお願いです。「試験どうだった?」なんて聞かないでください。しょんぼりしてしまいます。

桶家 のサービス一覧

桶家
  • TEL04-2968-5022